スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天声人語

こんなニュースを読むと、生命を「いのち」と平仮名で書いてみたくなる。

体重わずか265グラムで生まれた女の赤ちゃんが、無事に育って東京の慶応大病院を退院した。
日本ではこれまでで最も小さく、世界でも2番目という。

予定より15週早く生まれた。体の機能が未熟だったため人工呼吸器をつけ、へその緒の血管から栄養の点滴を受けた。
いまは自分でミルクを飲めるようになり、体重も3000グラムに増えた。

生まれたとき、どれほど小さかったのか。
試しに手元のバナナをはかりに載せると、ほぼ同じ260グラムである。
たったこれだけの重さに人間の生命が宿り、消えることなく育っていった。
小さな「いのち」のたくましさに、粛然となる。

赤ちゃんには不思議な力があるらしい。
作家の大庭みな子さんは育児体験をもとに、「放っておけば死んでしまうはかなさと哀れさで、親の中から信じられない力を引き出す」と随筆に書いた。
わけても、265グラムのはかなさは、医師や看護師から、並々ならぬ力を引き出したことだろう。

退院していった赤ちゃんに、高階さんの詩の一節が重なる。

<・・・・・・・・・・・今から何十億年か前 そんな 遠い昔からの約束のように

今 ぼくが ぼくという形になって ここにいる ふしぎだ>

高階さんは息子を3歳で亡くした悲しみを胸に、いのちの言葉を紡いできた。


****************************************************************

この記事は、父が教えてくれた。
手元において、いつも、ふと、読み返したくなる。
読み返すたび、「いのち」の尊さとはかなさを、思い知らされる。
スポンサーサイト

COMMENTS

ほんとにそのとうり!赤ちゃんには不思議な力があるよ!
無償の愛を与えてくれる。でもそれを守るのは私。だから自然と強くなれる。
今は娘に育てられてるよ。

うんうん。
山ちゃんは、真っ只中だもんね。

私の夢も、いつか、いつか、、、叶うかな☆
ゆっくり一歩一歩、ぼちぼちやってくよ~

赤ちゃんかぁ~w

俺もいつか産むぞ(ぇw

れんなら、生めそうね・・・(マテ

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。